伝統を伝える使命温故知新

木目金(杢目金、杢目銅)とは、今から400年前の江戸時代に生まれた、
金属の色の違いを利用して木目状の文様を創り出す日本独自の特殊な金属加工技術である。
「木目金」は、細部の工程の複雑さ、口頭伝承の曖昧さ、彫金と鍛金の両方の基礎技術があってこその習得は非常に困難なものです。
効率と利益ばかりが優先される現代社会の中で、手間と時間をかけ手作りにこだわるものづくりの姿勢は、今の時代に逆行しているかもしれません。
しかし、日本が世界に誇るこの素晴らしい金属工芸技術が時代に埋もれることなく、
現代の生活の中できらきら輝く存在となるよう提案していくのが、使命であると考えています。

木目金の研究者 髙橋正樹

Limited model特別限定品

江戸時代の匠の技を正真に受け継ぐ。
木目金の名品を前に、美しさに吸い込まれそうになります。
技巧を尽くした極小の世界は、無限の宇宙となり、紋様に封じ込められた気迫が私の身体を震わせます。
毎年、木目金の鍔の名品を一点、復元制作します。そこから生まれる特別な限定ジュエリー。
江戸時代の匠の技を受け継いだ高橋自らが、木目金を制作する至極の逸品です。

Jewelryジュエリーコレクション

日本の歴史を身に着ける。
伝統工芸技術「木目金」のジュエリーコレクション。

Bridal結婚指輪

世界に認められた日本の伝統でつくる世界にひとつの結婚指輪。
江戸時代に考案された伝統技術「木目金」。
一度途絶えた「幻の技術」がふたりの指輪として現代に蘇る。
伝統を受け継ぐ専門職人が、ひとつひとつ丁寧に手作り。
二度と同じものは生まれない模様は、世界にひとつの証。オーダーメイドでふたりの想いがカタチになる。


Atelier工房

日本伝統の意匠に現代性を融合させた空間で、専門のコンシェルジュがおもてなしいたします。
「日本の伝統文化・日本の自然環境を大切にしたい」という想いから
店舗の什器に江戸時代当時の古民具「箪笥(たんす)」や「蔵戸(くらど)」を使用しております。
資料的な文化的価値や「良いもの永く大切にする姿勢」など、
サスティナビリティ−な活動をお客様にも共感いただければと考えております。

Accessアクセス

杢目金屋 表参道店
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-10-7 上野ビル1~2F
google map
11:00~20:00 水曜日定休
Tel 03-5464-7266
Fax 03-5464-7267
Mail info@mokumeganeya.com

Profile研究者紹介

髙橋正樹木目金の研究者
日本が世界に誇るこの素晴らしい金属工芸技術が時代に埋もれることなく、
現代の生活の中できらきら輝く存在となるよう提案していくのが、使命であると考えています。
「木目金」にこだわり続け、一生に一度の大切なジュエリーというカタチでこれからもずっと伝統のものづくりをご提案していきます。
活動報告
2015結婚指輪として初めて「グッドデザイン賞」受賞
2015日本美術刀剣保存協会 新作名刀展努力賞受賞(銅、赤銅、四分一、木目金地鐔)
2015第12回全日本金・銀創作展「東京都中小企業団体中央会会長賞」受賞
2014日本美術刀剣保存協会 新作名刀展入選(赤銅、素銅、木目金地鐔 正久)
2012世界三大デザイン賞のひとつ[Reddot Desing Award](ドイツ)受賞
2012日本美術刀剣保存協会 新作名刀展入選(鑠木目金地鐔 銘武州之住 正國)

NHK BSプレミアム「美の壺」千年の光 日本刀 放送

http://www4.nhk.or.jp/tsubo/

「刀を彩るスゴワザ発見」として木目金の鐔が紹介される中で、
「木目金の研究者」としてインタビューに答え、鐔を復元する様子が放映。

放送日時
NHK BSプレミアム
1月15日(金)午後7:30〜8:00
1月19日(火)午前11:00〜11:30(再)
1月21日(木)午前6:30〜7:00(再)